賃借人の内縁配偶者

賃貸不動産トラブル【目次】
借地借家の最高裁判例【目次】

Q 内縁の夫婦に借家にを貸していて、先日、この賃借人が死去し、内縁の妻が住んでいます。賃貸借契約の名義人が死亡したのだから、退去してもらいたいと考えているのですが,退去してもらうことはできるでしょうか。

【関連】賃借権の相続性 相続法改正案1(配偶者居住権等)

A まず,法律上の婚姻関係にある夫婦が借家に住んでいて、夫が死亡した場合には、妻は賃借権を相続します。また,内縁の夫に相続人がいない場合内縁の妻は、原則として借家の賃借権を承継し、居住を継続できます(借地借家法第36条第1項)。ですが、相続人がいる場合には、内縁の妻には相続権がありませんから、内縁の夫が死亡すれば、仮に内縁の夫と前妻との間に子がいた場合には、その子が賃借権を相続することになります。もっとも、内縁の妻は相続権がなく、賃借権を承継しないので退去しなければならないとするのでは、あまりに酷な結論となります。そのため、相続人である子がどうしても賃借権を相続により承継したいという特別な事情がない限り、内縁の妻は大家さんに対して引き続きその借家に居住する権利を主張することができるとされています(相続人の家屋明渡し請求を権利の濫用として、内縁の妻を保護しています。)。従って、その様な特別の事情がない限り、退去を求めることはできません。もっとも,賃借人の相続人はその物件には住んでいないのですから,賃料不払いが継続することが予想されます。そこで現実的な対応としては,内縁の配偶者と新たな賃貸借契約を締結することが無難でしょう。


不動産関係紛争の料金表

TOP

個人のお客様

法人のお客様

弁護士費用

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA