賃貸物件の使用が妨害されたとき、賃借人は妨害をやめるよう請求する権利があるか

賃貸不動産トラブル【目次】
借地借家の最高裁判例【目次】

民法改正が不動産賃貸に及ぼす影響(目次)……Under Construction

(不動産の賃借人による妨害の停止の請求等)
第605条の4   不動産の賃借人は、第六百五条の二第一項に規定する対抗要件を備えた場合において、次の各号に掲げるときは、それぞれ当該各号に定める請求をすることができる。
一   その不動産の占有を第三者が妨害しているときその第三者に対する妨害の停止の請求
二  その不動産を第三者が占有しているときその第三者に対する返還の請求

改正のポイント

物件の引き渡しを受けた賃借人や、不動産賃借権の登記をした賃借人は、第三者が当該不動産の使用を妨害しているときは、賃借人自ら、妨害をやめるよう請求できる。

影響

賃借権は、賃借人が賃貸人に対して目的物を使用させるよう請求できる契約にすぎないので、契約当事者でない第三者に何らかの請求をできる根拠にならないという考えもあったことから,これまでは、賃借人が第三者に妨害排除を請求できるかどうか、できるとしてもその法律構成が必ずしも明らかではありませんでした。しかし、今回の改正では賃借権そのものに基づいて第三者に妨害排除請求等することが明文で認められました。

 


不動産関係紛争の料金表

TOP

個人のお客様

法人のお客様

弁護士費用

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA