昭和55年5月24日福島家裁白河支部審判

特別受益・寄与分の裁判例(目次)……Under Construction

相続に関する主要な最高裁判例(目次)…Under construction

昭和55524日福島家裁白河支部審判

審判の要旨

 被相続人から共同相続人の一人の配偶者に対して贈与がなされた場合において、贈与の経緯贈与された物の価値、性質、これにより受贈者の配偶者である相続人の受けている利益などを考慮実質的には被相続人から相続人に直接贈与されたのと異ならないと認められるときは、たとえ相続人の配偶者に対してなされた贈与であつても、これを相続人の特別受益とみて遺産分割をすべきである,とされました。


相続事件の料金表

TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA