平成15年3月11日大阪高裁決定

特別受益・寄与分の裁判例(目次)……Under Construction

相続に関する主要な最高裁判例(目次)…Under construction

平成15311日大阪高裁決定

決定の要旨

 「相続人が被相続人から生活の資本等として贈与を受けたとすれば、それを特別受益として民法903条1項の規定に従って算定した額が相続人の相続分となるとした上、再転相続人は、相続人の有していた財産を相続するのであるから、被相続人に対する相続分についても、現に相続人が有していた相続分(すなわち特別受益を控除した具体的相続分)を承継するものといわざるを得ない」として、相続人の特別受益を考慮しなかった原審判を変更しました。


相続事件の料金表

TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA