昭和49年8月10日神戸家裁姫路支部審判

相続コラム(目次)

特別受益・寄与分の裁判例(目次)……Under Construction

相続に関する主要な最高裁判例(目次)…Under construction

 

昭和49810日神戸家裁姫路支部審判

 審判の要旨

 妻が多年にわたり自己の収入を被相続人との生活費に入れ、被相続人の財産の減少を防止するにつき若干寄与し、通例の妻以上に家計に対して経済的寄与をしたこと、被相続人の老後の身のまわりの世話に相当な苦労をしたことなどの事情を考えると、被相続人が妻にした生前贈与1000万円のうち、5割相当額については、妻の家計に対する特別寄与分の清算と妻の長年の看護の労に報いる趣旨の贈与と認めるのが相当であり、妻の将来の生計の資本のための贈与分は、500万円と認められる。


相続事件の料金表

TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA