昭和47年12月28日神戸家裁尼崎支部審判

相続コラム(目次)

特別受益・寄与分の裁判例(目次)……Under Construction

相続に関する主要な最高裁判例(目次)…Under construction

 

昭和471228日神戸家裁尼崎支部審判

審判の要旨

1 民法906条、912条等の趣旨に照らし、必要と認められるときは、遺産分割の際に相続人に当然に分割承継された可分債権を改めて分割の対象とし、取得分を変更することもできるものと解する。

2 相続人の子が、被相続人から生計の資本として贈与をうけた場合に、それが右相続人の、子に対する扶養義務懈怠に基因するときは、実質的には相続人が贈与をうけたのと変りはないから、民法903条を類推して右相続人の特別受益とみなし持戻義務を認めるのが公平に合致する。


相続事件の料金表

TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA