昭和48年10月3日広島高裁岡山支部決定

相続コラム(目次)

特別受益・寄与分の裁判例(目次)……Under Construction

相続に関する主要な最高裁判例(目次)…Under construction

昭和48103日広島高裁岡山支部決定

審判の要旨

1 本件退職金、役員功労金は、職員退職金給与規定等からすると遺族たる受給者が固有の権利として取得したもので遺産には属しないものと解すべきであるが、右金員はいずれも被相続人の生前の労働、貢献に対する対価であり、殊に退職金は賃金の後払い的性格を有し、その実質は遺産に類似するものであるから共同相続人間の公平をはかるためにこれを特別受益とみるのが相当である。

2 被相続人が自己を被保険者、抗告人を受取人と定めた生命保険契約に基づき抗告人が取得した生命保険金は遺産に含まれないし、保険契約の趣旨から特別受益とみるのは相当でない


相続事件の料金表

TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA