B型肝炎給付金の対象者と病態ごとの金額

給付対象者

一次感染者

一次感染者とは、対象期間(昭和23年7月1日~昭和63年1月27日)に集団予防接種等を受け、B型肝炎ウイルスに持続感染している方の事を指します。B型肝炎の症状を発症していない方(無症候性キャリア)も対象となります。対象期間とは、国が集団予防接種等で注射器(注射針や注射筒)の使い回しを行っていた期間です。この期間に集団予防接種等を受けた方は、誰でも感染被害者である可能性があります。

一次感染者であることを証明するための要件

① B型肝炎ウイルスに持続感染していること
② 満7歳になるまでに集団予防接種等を受けていること
③ 0歳から満7歳までに集団予防接種等を受けたことが、母子手帳や接種痕等で確認できる方
④ 母子感染でないこと
⑤ その他集団予防接種等以外の感染原因がないこと

二次感染者

二次感染者とは、母親から子供へ感染(母子感染)した方です。母子感染でB型肝炎給付金の請求を行う場合、母親が一次感染者として認められている必要があります。

二次感染者であることを証明するための要件

一次感染者である母親からの母子感染によりB型肝炎ウイルスに持続感染した方(二次感染者)については、以下の要件をすべて満たすことが必要です。

① 原告の母親が上記の一次感染者の要件をすべて満たすこと
② 原告がB型肝炎ウイルスに持続感染していること
③ 母子感染であること
④ 3ご遺族の方(相続人)

ご遺族の方

B型肝炎が原因で亡くなってしまった方については、亡くなった方に代わり、ご遺族(相続人)の方がB型肝炎給付金の訴訟を起こすことができます。

給付金額

○ 無症候性キャリア 50万円+定期検査費用の支給等(※4)
※4 20年の除斥期間を経過していない者については,600万円

※除斥期間とは,民法724条に記載があり「不法行為の時」から20年間を経過すると、損害賠償請求権が消滅することになっております。B型肝炎訴訟では、除斥期間の起算点(「不法行為の時」)については、無症候性キャリアの方については集団予防接種等を受けた日になりますが、 慢性肝炎を発症した方の起算点は、その症状が発症した日になります。


B型肝炎給付金の料金表

TOP

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA