最判昭和53年12月20日民集32巻9号1674頁

相続コラム(目次)
特別受益・寄与分の裁判例(目次)
相続に関する主要な最高裁判例(目次)
事業承継のコラム(目次)
相続税法(目次)

最判昭和53年12月20日民集32巻9号1674頁

共同相続人の1人により相続権を侵害された共同相続人のその侵害の排除を求める請求について民法884条の適用が排除される場合

       主   文

本件上告を棄却する。
上告費用は上告人らの負担とする。

       理   由

上告代理人田中義明,同田中達也の上告理由について
一 原審が適法に確定した本件の事実関係は,おおむね次のとおりである。
(1) 第一審判決添付の別紙目録(一),(二),(三)記載の各不動産は,もと訴外甲の所有であったが,昭和二八年一二月一五日同訴外人の死亡に伴う遺産相続によって,同訴外人の妻である訴外乙が三分の一,その長男訴外亡丙(同訴外人は,昭和一九年に戦死した。)の子である上告人丁が六分の一,その二男訴外亡戊(同訴外人は,昭和二一年七月一五日死亡した。)の子である訴外己及び被上告人庚が各一二分の一,その三男である上告人辛及びその四男である上告人壬が各六分の一の割合をもって,これを共同相続した。
(2) ところが,上告人丁は右目録(一)記載の不動産について,上告人辛は右目録(二)記載の不動産について,上告人壬は右目録(三)記載の不動産について,いずれも昭和二八年一二月一五日相続を原因として各単独名義の所有権移転登記を経由した。
(3) 右各不動産を各上告人の単独所有とし,かつ,単独名義の所有権移転登記を経由するにつき被上告人の同意を得たことについては,立証がない。
二 以上の事実関係のもとにおいて,上告人らが,上告人らの右単独名義の所有権移転登記が被上告人の共有持分権の侵害にあたるとしても相続権に基づいて相続財産の回復を求める請求は共同相続人相互の間においても相続回復請求権の行使にほかならないものであるところ,被上告人の本件各不動産に対する相続回復請求権は被上告人が上告人らの所有権移転登記のされた事実を知った時から五年を経過したことにより時効によって消滅したと主張したのに対し,原審は,共同相続人が遺産分割の前提として相続財産について他の共同相続人に対し共有関係の回復を求める請求は,相続回復請求ではなく,通常の共有権に基づく妨害排除請求であると解するのが相当であるとして,上告人らの主張を排斥し,被上告人の請求を認容した。
三 思うに,民法八八四条の相続回復請求の制度は,いわゆる表見相続人が真正相続人の相続権を否定し相続の目的たる権利を侵害している場合に,真正相続人が自己の相続権を主張して表見相続人に対し侵害の排除を請求することにより,真正相続人に相続権を回復させようとするものである。そして,同条が相続回復請求権について消滅時効を定めたのは,表見相続人が外見上相続により相続財産を取得したような事実状態が生じたのち相当年月を経てからこの事実状態を覆滅して真正相続人に権利を回復させることにより当事者又は第三者の権利義務関係に混乱を生じさせることのないよう相続権の帰属及びこれに伴う法律関係を早期にかつ終局的に確定させるという趣旨に出たものである。
1 そこで,まず,右法条が共同相続人相互間における相続権の帰属に関する争いの場合についても適用されるべきかどうかについて,検討する。
(一) 現行の民法八八四条は昭和二二年法律第二二二号による改正前の民法のもとにおいて家督相続回復請求権の消滅時効を定めていた同法九六六条を遺産相続に準用した同法九九三条の規定を引き継いだものであると解されるところ,右九九三条は遺産相続人相互間における争いにも適用があるとの解釈のもとに運用されていたものと考えられ(大審院明治四四年(オ)第五六号同年七月一〇日判決・民録一七輯四六八頁,最高裁昭和三七年(オ)第一二五八号同三九年二月二七日判決・民集一八巻二号三八三頁の事案参照),また,右法律改正の際に共同相続人相互間の争いについては民法八八四条の適用を除外する旨の規定が設けられなかったという経緯があるばかりでなく,(二) 相続人が数人あるときは,各相続財産は相続開始の時からその共有に属する(民法八九六条,八九八条)ものとされ,かつ,その共有持分は各相続人の相続分に応ずる(民法八九九条)ものとされるから,共同相続人のうちの一人又は数人が,相続財産のうち自己の本来の相続持分をこえる部分について,当該部分についての他の共同相続人の相続権を否定し,その部分もまた自己の相続持分であると主張してこれを占有管理し,他の共同相続人の相続権を侵害している場合は,右の本来の相続持分をこえる部分に関する限り,共同相続人でない者が相続人であると主張して共同相続人の相続財産を占有管理してこれを侵害している場合と理論上なんら異なるところがないと考えられる。さらに,(三) これを第三者との関係においてみるときは,当該部分の表見共同相続人と真正共同相続人との間のその部分についての相続権の帰属に関する争いを短期間のうちに収束する必要のあることは,共同相続人でない者と共同相続人との間に争いがある場合と比較して格別に径庭があるわけではない(たとえば,共同相続人相互間の争いの場合に民法八八四条の規定の適用がないものと解するときは,表見共同相続人からその侵害部分を譲り受けた第三者は相当の年月を経たのちにおいてもその部分の返還を余儀なくされ,また,相続債権者は共同相続人の範囲又はその相続分が相当の年月にわたり確定されない結果として債権の行使につき不都合を来すこと等が予想される。)。
以上の諸点に鑑みると,共同相続人のうちの一人又は数人が,相続財産のうち自己の本来の相続持分をこえる部分について,当該部分の表見相続人として当該部分の真正共同相続人の相続権を否定し,その部分もまた自己の相続持分であると主張してこれを占有管理し,真正共同相続人の相続権を侵害している場合につき,民法八八四条の規定の適用をとくに否定すべき理由はないものと解するのが,相当である。
なるほど,民法九〇七条は,共同相続人は被相続人又は家庭裁判所が分割を禁じた場合を除くほか何時でもその協議で遺産の分割をすることができ,協議が調わないとき又は協議をすることができないときはその分割を家庭裁判所に請求することができる旨を定めている。しかし,(一) 右は,共同相続人の意思により民法の規定に従い各共同相続人の単独所有形態を形成確定することを原則として何時でも実施しうる旨を定めたものであるにとどまり,相続開始と同時に,かつ,遺産分割が実施されるまでの間は,可分債権(それは,相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されて各共同相続人の分割単独債権となり,共有関係には立たないものと解される。従って,この場合には,共同相続人のうちの一人又は数人が自己の債権となった分以外の債権を行使することが侵害行為となることは,明白である。)を除くその他の各相続財産につき,各共同相続人がそれぞれその相続分に応じた持分を有することとなると同時に,その持分をこえる部分については権利を有しないものであり,共同相続人のうちの一人又は数人による持分をこえる部分の排他的占有管理がその侵害を構成するものであることを否定するものではないというべきである。(もっとも,遺産の分割前における共同相続人の各相続財産に対する権利関係が上述のように共有であるとする以上,共同相続人のうちの一人若しくは数人が相続財産の保存とみられる行為をし,又は他の共同相続人の明示若しくは黙示の委託に基づき,あるいは事務管理として,自己の持分をこえて相続財産を占有管理することが,ここにいう侵害にあたらないことはいうまでもない。)また,(二) 遺産の分割が行われるまで遺産の共有状態が保持存続されることが望ましいとしても,遺産の分割前に共同相続人のうちの一人又は数人による相続財産の侵害の結果として相続財産の共有状態が崩壊し,これを分割することが不能となる場合のあることは,共同相続人のうちの一人又は数人が侵害した相続財産を時効により取得し又は侵害した相続動産を第三者に譲渡した結果第三者がこれを即時取得した場合において最も明らかなように,事実として否定することのできないところである。民法九〇七条は,遺産の共有状態が崩壊したのちにおいてもその共有状態がなお存続するとの前提で遺産の分割をすべき旨をも定めていると解すべきではない。
2 次に,共同相続人がその相続持分をこえる部分を占有管理している場合に,その者が常にいわゆる表見相続人にあたるものであるかどうかについて,検討する。
思うに,自ら相続人でないことを知りながら相続人であると称し,又はその者に相続権があると信ぜられるべき合理的な事由があるわけではないにもかかわらず自ら相続人であると称し,相続財産を占有管理することによりこれを侵害している者は,本来,相続回復請求制度が対象として考えている者にはあたらないものと解するのが,相続の回復を目的とする制度の本旨に照らし,相当というべきである。そもそも,相続財産に関して争いがある場合であっても,相続に何ら関係のない者が相続にかかわりなく相続財産に属する財産を占有管理してこれを侵害する場合にあっては,当該財産がたまたま相続財産に属するというにとどまり,その本質は一般の財産の侵害の場合と異なるところはなく,相続財産回復という特別の制度を認めるべき理由は全く存在せず,法律上,一般の侵害財産の回復として取り扱われるべきものであって,このような侵害者は表見相続人というにあたらないものといわなければならない。このように考えると,当該財産について,自己に相続権かないことを知りながら,又はその者に相続権があると信ぜられるべき合理的事由があるわけではないにもかかわらず,自ら相続人と称してこれを侵害している者は,自己の侵害行為を正当行為であるかのように糊塗するための口実として名を相続にかりているもの又はこれと同視されるべきものであるにすぎず,実質において一般の物権侵害者ないし不法行為者であって,いわば相続回復請求制度の埓外にある者にほかならず,その当然の帰結として相続回復請求権の消滅時効の援用を認められるべき者にはあたらないというべきである。
これを共同相続の場合についていえば,共同相続人のうちの一人若しくは数人が,他に共同相続人がいること,ひいて相続財産のうちその一人若しくは数人の本来の持分をこえる部分が他の共同相続人の持分に属するものであることを知りながらその部分もまた自己の持分に属するものであると称し,又はその部分についてもその者に相続による持分があるものと信ぜられるべき合理的な事由(たとえば,戸籍上はその者が唯一の相続人であり,かつ,他人の戸籍に記載された共同相続人のいることが分明でないことなど)があるわけではないにもかかわらずその部分もまた自己の持分に属するものであると称し,これを占有管理している場合は,もともと相続回復請求制度の適用が予定されている場合にはあたらず,従って,その一人又は数人は右のように相続権を侵害されている他の共同相続人からの侵害の排除の請求に対し相続回復請求権の時効を援用してこれを拒むことができるものではないものといわなければならない。
3 このようにみてくると,共同相続人のうちの一人又は数人が,相続財産のうち自己の本来の相続持分をこえる部分について,当該部分の表見相続人として当該部分の真正共同相続人の相続権を否定し,その部分もまた自己の相続持分であると主張してこれを占有管理し,真正共同相続人の相続権を侵害している場合につき,民法八八四条の規定の適用をとくに否定すべき理由はないものと解するのが相当であるが,一般に各共同相続人は共同相続人の範囲を知っているのが通常であるから,共同相続人相互間における相続財産に関する争いが相続回復請求制度の対象となるのは,特殊な場合に限られることとなる。
四 そこで,本件についてみると,前に判示した事実関係のもとにおいては,共同相続人の一部である上告人らは,相続財産に属する前記各不動産について,他に共同相続人として被上告人がいることを知りながらそれぞれ単独名義の相続による所有権移転登記をしたものであることが明らかであり,しかも,上告人らの本来の持分をこえる部分につき上告人らのみに相続による持分があるものと信ぜられるべき合理的な事由があることは,何ら主張立証がされていない。
五 そうすると,被上告人から上告人らに対し右各不動産についてされた上告人らの単独名義の相続登記の抹消を求める請求は民法八八四条所定の消滅時効にかからないと解したうえ,右請求は,右各登記について現に登記名義を有している各上告人の持分の割合を一二分の一一,被上告人の持分の割合を一二分の一とする更正登記を求める限度で理由があるとしてこれを認容した原審の判断は,結論において相当として是認できる。論旨は,採用できない。
よって,民訴法三九六条,三八四条,九五条,八九条,九三条に従い,裁判官高辻正己,同服部高顯,同環昌一,同藤崎萬里の各補足意見,裁判官大塚喜一郎,同吉田豊,同団藤重光,同乗本一夫,同本山亭,同戸田弘の意見があるほか,裁判官全員一致の意見で主文のとおり判決する。
最高裁判所大法廷裁判長裁判官岡原昌男,裁判官江里口清雄,同大塚喜一郎,同高辻正己,同吉田豊,同団藤重光,同本林譲,同服部高顯,同環昌一,同栗本一夫,同藤崎萬里,同本山亨,同戸田弘,
同天野武一 同岸上康夫は退官のため署名押印することができない。裁判長裁判官岡原昌男

 


相続事件の料金表
TOP

個人のお客様

法人のお客様

弁護士費用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA