相続|山口県岩国市|初回相談無料

☑ 相続事件の料金表

☑ 相続コラム【目次】
☑ 特別受益・寄与分の裁判例【目次】
☑ 相続に関する主要な最高裁判例【目次】
☑ 事業承継のコラム【目次】
☑ 相続税法【目次】
☑ 相続事件の料金表

遺産分割協議をしたい

 遺産分割協議では、全相続人は誰なのか、全遺産はどこまでなのか、遺産を誰にどのように分けるのかといったことを順次確定していきます。当事者間の話し合いや調停といった手続で協議を進めていきますが、話し合いがこじれてしまう場合、遺産の評価(不動産や株式の時価額評価)や遺産の分け方などで折り合いがつかなくなる場合もあります。協議の進め方などについては、速やかに弁護士にご相談下さい。

不動産の処分や管理のために権利関係を整理したい

 遺産である不動産を売却処分するためには、相続手続を済ませておくことが不可欠です。不動産の相続手続が長年手つかずであった場合には、相続に次ぐ相続で相続人の人数が膨大になり遺産分割協議が非常に困難になっていることもあります。また、不動産に誰も住まなくなり、雑草が生え放題・伸び放題となって、害虫の発生や野良猫の繁殖などにより近所の方が困っている場合もあります。
次世代に紛争を残さないためにも、速やかに弁護士にご相談下さい。

遺産分割協議書を作成してほしい

 相続人間の話し合いで遺産の分配は決まったものの、遺産分割協議書として法律的に整った文書を作成してほしいという場合には、弁護士にご相談下さい。

相続放棄をしたい

 故人に多額の負債があるなどのため、相続に一切かかわりたくないという場合、相続放棄をすることができます。原則として相続開始を知ってから3か月以内という期限がありますので、速やかに弁護士にご相談下さい。

遺留分減殺請求をしたい

 相続人には、遺産に対する最低限の取り分が法律上認められています。これを遺留分といいます。例えば一人の相続人が全ての遺産を取得するというような遺言書がある場合には、他の相続人は何も相続できないわけですから、遺留分が侵害されていることになります。遺留分を取り戻したいという場合には、弁護士にご相談下さい。

遺言書の無効を主張したい

 遺言書を作成したときに高度の認知症にかかっていて、誰の目からみても遺言書を作成できるような状態ではなかったというような場合には、遺言書でなされた意思表示が無効である可能性があります。
遺言の無効を主張したいという場合には、弁護士にご相談下さい。

相続コラム

☑ 家事従事型寄与分 ☑ 金銭拠出型寄与分 ☑ 財産管理型寄与分 ☑ 扶養型寄与分 ☑ 療養看護型寄与分 ☑ 清算型遺贈 ☑ 被相続人死亡後,遺産分割協議等成立までの賃料 ☑ 一部の財産のみを処分する遺言 ☑ 相続欠格 ☑ 相続人の廃除 ☑ 祭祀承継者 ☑ 相続人の調査 ☑ 相続人に行方不明者がいる場合 ☑ 遺産分割協議と特別代理人選任 ☑ 遺留分の算定に係る合意の許可 ☑ 遺言書の検認 ☑ 寄与分を定める審判 ☑ 不動産の遺贈 ☑ 遺言執行者がいる場合の相続人の行為の制限 ☑ 祭祀承継 ☑ 遺産範囲確認請求事件 ☑ 子のいないご夫婦の相続 ☑ 相続人ではない方に遺贈する際に生じる危険と回避策 ☑ 遺言無効確認請求事件 ☑ 特別縁故者 ☑ 包括遺贈 ☑ 熟年再婚と相続 ☑ 先妻の子と後妻家族との相続トラブル ☑ 遺言者死亡前の受遺者の死亡(最高裁平成23年2月22日判決) ☑ 遺留分の放棄 ☑ 遺留分 ☑ 遺言と一筆の土地 ☑ 特別受益の持戻し免除の意思表示 ☑ 寄与分 ☑ 相続法改正案3 (自筆証書遺言) ☑ 相続法改正案2 (遺産分割終了前の生活費等の引き出し) ☑ 相続法改正案1 (配偶者居住権等) ☑ 特別受益者がいた場合の計算方法と例 ☑ 特別受益 ☑ 相続争いの難問 不当利得返還請求 ☑ ❝後妻❞の相続相談 

弁護士のご紹介

弁護士紹介

弁護士・舛本行広は、スタッフと一丸となって最善の解決を目指します。

詳しくはこちら

事務所のご案内

事務所案内

岩国の皆さまとともに歩んできた、地元に根ざした法律事務所です。

詳しくはこちら

弁護士費用

費用バナー

費用は柔軟に対応いたします。ご遠慮なくご相談ください。

詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA