任意後見

【関連】高齢者の法律問題【目次】

任意後見契約

任意後見とは、本人様の判断能力が十分なうちに、将来自己の判断能力が不十分となられたときをあらかじめ想定し、事前に代理人と任意後見契約を締結しておく制度です。これにより契約後、実際に判断が難しくなられたとき、後見監督人の監督のもと任意後見契約に定めたとおり後見人が代理権を行うことで本人様を法律上保護することができます。

任意後見契約Q&A

 

報 酬 (税別) 実 費
任意後見契約書原案作成 20万円(消費税別)~ ・公証人手数料(11,000円~)
・登記費用(4,000円)
・切手代その他費用合計約20,000円程度

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA