最判昭和48年6月29日民集27巻6号737頁

相続コラム(目次)
特別受益・寄与分の裁判例(目次)
相続に関する主要な最高裁判例(目次)
事業承継のコラム(目次)
相続税法(目次)

最判昭和48年6月29日民集27巻6号737頁

被保険者死亡の場合保険金受取人の指定のないときは,保険金を被保険者の相続人に支払う旨の約款のある保険契約

       主   文

本件上告を棄却する。
上告費用は上告人の負担とする。

       理   由

上告代理人山田盛の上告理由について。
原審の適法に確定した事実によると,T火災海上保険株式会社交通事故傷害保険普通保険約款第四条は,「当会社は,被保険者が第一条の傷害を被り,その直接の結果として,被害の日から一八〇日以内に死亡したときは,保険金額の全額を保険金受取人,もしくは保険金受取人の指定のないときは被保険者の相続人に支払います。」と規定するところ,本件保険契約は右約款に基づき,これをその契約内容として締結されたというのである。
ところで,右「保険金受取人の指定のないときは,保険金を被保険者の相続人に支払う。」旨の条項は,被保険者が死亡した場合において,保険金請求権の帰属を明確にするため,被保険者の相続人に保険金を取得させることを定めたものと解するのが相当であり,保険金受取人を相続人と指定したのとなんら異なるところがないというべきである。
そして,保険金受取人を相続人と指定した保険契約は,特段の事情のないかぎり,被保険者死亡の時におけるその相続人たるべき者のための契約であり,その保険金請求権は,保険契約の効力発生と同時に相続人たるべき者の固有財産となり,被保険者の遺産から離脱したものと解すべきであることは,当裁判所の判例(昭和三六年(オ)第一〇二八号,同四〇年二月二日判決・民集第一九巻第一号一頁)とするところであるから,本件保険契約についても,保険金請求権は,被保険者の相続人である被上告人らの固有財産に属するものといわなければならない。なお,本件保険契約が,団体保険として締結されたものであっても,その法理に変りはない。
してみると,右と同旨の原審の判断は正当として首肯することができ,原判決に所論の違法はなく論旨は採用できない。
よって,民訴法四〇一条,九五条,八九条に従い,裁判官全員の一致で,主文のとおり判決する。
最高裁裁判長裁判官小川信雄,裁判官岡原昌男,同大塚喜一郎


相続事件の料金表
TOP

個人のお客様

法人のお客様

弁護士費用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA