不動産売買トラブル

不動産売買取引

不動産は高額な物です。個人の方にとっても,法人・会社など事業者の方にとっても,不動産を売却したり購入したりすることは大きな取引となる場合があります。場合によっては,一生に1回の大きな買い物になるということもあるでしょう。

しかし,それだけに不動産売買取引においてトラブルが生じた場合には,深刻な問題となることがあります。したがって,不動産売買取引については,慎重に検討を重ねながら行う必要があります。

また,不動産の問題は法律問題でもあります。したがって,不動産売買取引においては法的な知識も必要となってくる場合があります。そのような場合には,法律の専門家である弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

不動産売買契約の締結

不動産売買取引をする場合には,将来生じ得るトラブルをできる限り回避・軽減できるような契約を締結しておくことが重要です。

売買契約ですから,基本的には,どの不動産を目的物として,それに対する対価としていくらの代金を支払うのかということを定めておけば一応は有効な契約となりますが,将来のトラブル予防を図るためにはそれだけでは足りません。

契約の不履行の問題

どのように適切な不動産売買契約書を取り交わしたとしても,当事者がそれを守らなければ,やはりトラブルは発生します。

契約は法的な拘束力を有する約束ですから,これに違反すれば,法的な責任を負担しなければなりません。これを債務不履行責任といいます。

不動産売買であれば,目的物である不動産を引き渡さなかったり,代金を支払わなかった場合にはこの債務不履行責任が発生することになります。

瑕疵担保責任の問題

売買契約における契約責任には,契約内容に違反した場合の債務不履行責任だけでなく,瑕疵担保責任と呼ばれる法的責任も負担する場合があります。

瑕疵担保責任とは,要するに,売買の目的物である不動産に,契約前には容易に気づくことができなかったような隠れた損傷や欠陥があった場合に,売主が負担する法的な責任です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA