予防法務

予防法務

◆ 紛争発生後に弁護士に依頼しても不利な解決に
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
まだ法務面が弱い企業では、どうしてもトラブルが起こってからの対応になりがちです。
しかし、紛争が起きてから弁護士に依頼しても、紛争になる前の段階で企業として誤った判断をしている場合は、敗訴が避けられません。
場合によっては多額の賠償責任を負担してしまい、企業が倒産してしまうケースすらあります。
これらのケースの多くは法的知識や素養の不足や誤解が原因となって起きており、日ごろから顧問弁護士に相談して予防法務に取り組んでいれば防げるものであることがほとんどです。

◆ 予防法務で紛争を事前回避
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
事前に顧問弁護士に相談していれば避けることができたであろう紛争を避けることができず、紛争が増えてしまうという点があります。
こうした場合には紛争解決のための弁護士費用が負担になりますが、問題はただそれだけのことではありません。
弁護士に解決を依頼した後も、会社として弁護士との打ち合わせや資料の提出など、紛争解決に割かなければならなくなる労力や人員の負担が大きく、事業にとって大きなマイナスになってしまいます。
特に紛争が裁判に発展すれば、何年も裁判が続くケースが少なくありません。
いっぽう、予防法務に日ごろから取り組んでいれば、紛争を事前に防ぐことができ、貴重な人的資源を紛争解決という後ろ向きのことではなく、事業を進めるという前向きのことに割くことができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA