事業承継

事業承継

◆ 事業承継のお悩みありませんか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━
事業承継にあたって、「株式の承継方法」や「金融機関や取引先との関係」あるいは「後継者の育成方法」に悩んでいませんか?
先代から後継者に事業承継をしようとしたが、幹部社員が従わずに独立してしまったり、後継者と幹部社員との間でトラブルが起こるケースも増えています。
事業承継には「株式の承継」、「金融機関や取引先との関係」、「後継者の育成」という3つの課題があります。
そして、これらの課題は弁護士から事業承継についてのサポートを受けることで解決可能です。

◆ 様々な選択肢や解決策があります
━━━━━━━━━━━━━━━━━
事前的な対策としては、①自社株をできるだけ後継者に集中させる、②遺留分対策を行う、③後継者以外の相続人には議決権のない株式を分配する、④後継者以外が相続した自社株を会社が買い取れるようにしておく、などさまざまなものが考えられます。まずはご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA